人文主義と国民形成 - 曽田長人

曽田長人 人文主義と国民形成

Add: ezemod44 - Date: 2020-12-19 04:17:59 - Views: 8231 - Clicks: 5017

人文主義と国民形成19世紀ドイツの古典教養 知泉書館 スイスを知るための60章 明石書店 研究キーワード. 3) 人文主義とは多義的な概念である。本論において人文主義とは、「ギリシア・ローマ古典古代との取り組み を通して人間や文化の形成を目指す精神運動」として理解する。人文主義者とは、「ギリシア・ローマ古典 曽田長人 著 人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典教養 ホーム. 【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】。【中古】 人文主義と国民形成 19世紀ドイツの古典教養 / 曽田 長人 / 知泉書館 単行本【ネコポス発送】. イタリア・ルネサンスの時代は、いうまでもなく、古典古代の研究が復興し、「人間研究studia humanitatis」が、キリスト教、神学研究と微妙な関係を保ちながら展開され、ヨーロッパ各地にその影響が及んだ時期である。中世の時代とは違い「神」ではなく、「人間」を中心においた教育が主張され、ヨーロッパの中等教育の伝統である古典語学習を中心とした人文主義的教育が誕生した。この思潮を知るためには、たとえば、塩野七生『ルネサンスとは何であったのか』(新潮社 、年)でルネサンス文化の概略を把握し、その上で、ジェニオ・ガレン『ルネサンスの教育』(知泉館、年)を読むことを勧める。また、ルネサンスを理解するためには、その前の時代すなわち中世の神学、教育、文化を知る必要があるが、そのためには、小説ではあるものの、ウムベルト・エーコ『薔薇の名前』(東京創元社、1990年)がよいと思う。 次にエポックとなるのは、16世紀の宗教改革の時代である。プロテスタンティズムのエートスが教育にやはり重要なインパクトを与えることになったからである。もちろん、その内容に関しては、ルターやカルヴァンの著作からその内容を知ることができるが、それが結局のところ具体的にどのような形を取り、どんなエートスを生み出し、人文主義とどう関係していたのかを知るには、教育思想史の研究ではないものの、森田安一『ルターの首引き猫』(山川出版,1993年)、ベンジャミン・フランクリン『フランクリン自伝』(岩波文庫)やマックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(岩波文庫)を読む必要がある。その上で、北本正章『子ども観の社会史』(新曜社,1993年)などでプロテスタンティズム特有の子ども観や教育観を把握するといいだろう。絵画に現われた子ども観に関しては、森洋子 『子供とカップルの美術史』(NHK出版,年)が面白い。 ところで、宗教革命の進行は、あたらしいメディア、すなわち印刷術と不可分であったとはよく指摘される事実だが、この新しい技術とそれによって可能になった印刷本というメディアもやはり教育に大きな影響を与えることになった。写本文化の時代までまだ存続していた記憶術文化が、印刷本の出現によって、教科書を媒体とする学習(文字、黙読中心)に変わっていったからである。こうした研究は、読. イェーガーは、人文 1)「人文主義Humanismus」とは多義的な概念である。本論において人文主義とは、「古代ギリシア・ローマの 言語との取り組みを介して、人間や文化の形成を目指す精神運動」として理解する。 2) 謝辞を参照。. 曽田 長人(担当:共著, 範囲:29-56) 鳥影社 年6月 「レッシングの宗教思想-啓蒙思想との関わりから」(宮本久義・堀内俊郎編『宗教の壁を乗り越える-多文化共生社会への思想的基盤』. 作者: 曽田長人; 出版社/メーカー: 知泉書館; 発売日: /03; メディア: 単行本; クリック: 3回; この商品を含むブログ (1件) を見る. Amazonで曽田 長人の人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典教養。アマゾンならポイント還元本が多数。曽田 長人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

人文主義研究; ドイツ研究; スイス研究; 研究者詳細. 2 形態: xi, 394, 159p ; 22cm ISBN:著者名: 曽田, 長人(1966-) 書誌ID: BA注記: 資料と参考文献: 巻末p33-62. 付けることを目指す。「人文主義」とは多義的な概念であるが、以下「人文主義」とは、古代ギリシア・ ローマを師表とし、人間や文化の形成を目指す精神運動を意味することを予め断っておく。 第1章イェーガーの経歴. 「人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索が. 曽田 長人『人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典教養』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 人文主義と国民形成 - 19世紀ドイツの古典教養 - 曽田長人 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養 フォーマット: 図書 責任表示: 曽田長人著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 知泉書館,.

この時代は、市民革命の時代である。すなわち、市民が社会の主役となり、自由な経済行為、民主主義的政治思想、国民国家の建設をすすめていった時代である。ロック(『教育に関する考察』)、ルソー(『エミール』)、カント(『啓蒙とは何か』『教育学講義』)などをはじめとして、考察すべき思想家は数多い。ここでは、こうした思想家がその時代、その社会を背景に練り上げた重要概念を考える上で、必要な文献を中心に紹介することにしたい。 まず、この時代の思考の枠組みとして、近代自然法思想がある。その理解のために、まずは福田歓一『近代の政治思想』(岩波新書)の一読を勧める。また、成瀬治『近代市民社会の成立』(東京大学出版会、1988年)も参考になるはずである。また、ルソーまで含めて、フランス啓蒙思想が何をめぐって論を展開してきたのかを把握するためには、安藤隆穂『フランス啓蒙思想の展開』(名古屋大学出版会)、中川久定『啓蒙の世紀の光のもとで』(岩波)などがいいだろう。とくに、ルソーによくあらわれている「市民」と「人間」の対立については、作田啓一『増補ルソー〜市民と個人〜』(筑摩)や森田伸子『子どもの時代〜「エミール」のパラドックス〜』(新曜社)などを参考にするとよい。 また、いうまでもなく「自由」「自律」などの概念も、ルソー、カントをはじめとして、この時代の思想家であれば取り上げたテーマである。これについては、たとえば、バーリン『自由論』(みすず書房)が、自由の捉え方を、英米系の「消極的自由」の立場と大陸系の「積極的自由」の立場にわけ考察しており、参考になる。ちなみに、この区別は今でもどの分野の思想史研究でも基礎的区別となっているので、「自由」概念について関心のある人は、ぜひ読んでほしい文献である。 社会的にいうと、この時代は、「近代家族」の成立期でもあり、同時に、「子ども」への特別な配慮を伴ったまなざしが誕生し、「母」の愛(父は「理性」を代表する)が強調された時期でもある。いわば、「親密圏」の成立とともに、子どもへの「教育愛」が生まれてくる時期である。これについては、フランス・アナール学派や、ドイツ日常生活史研究、歴史社会学研究や女性史研究を参照すべきであろう。たとえば、古典的なところでは、アリエスの『子どもの誕生』(みすず書房)や『教育の誕生』(新評論)、ショルシュ『絵でよむ子どもの社会. 人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養: 著作者等: 曽田 長人: 書名ヨミ: ジンブン シュギ ト コクミン ケイセイ : 19セイキ ドイツ ノ コテン キョウヨウ: 書名別名: Jinbun shugi to kokumin keisei: 出版元: 知泉書館: 刊行年月:. Humanismus und Nationsbildung : zur Rolle klassischer Bildung im 19.

人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養 フォーマット: 図書 責任表示: 曽田長人著 出版情報: 東京 : 知泉書館,. 人文主義と国民形成 19世紀ドイツの古典教養/曽田 長人(歴史・地理・民俗) - 19世紀のドイツでは古典語教育・古典研究をとおして人間形成と国民形成が同時に追求された。. イェーガー著 ; 曽田長人訳 出版情報: 東京 : 知泉書館,.

人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養. ジンブン シュギ ト コクミン ケイセイ : 19セイキ ドイツ ノ コテン キョウヨウ. 人文主義と国民形成 19世紀ドイツの古典教養 曽田 長人. 人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典. イェーガー著 ; 曽田長人訳. See full list on web. 19世紀末から20世紀はじめにかけてのヨーロッパ社会は、社会の近代化および国民国家形成に伴うさまざまな危機(都市化とスラム化、犯罪の増加による都市環境の悪化、人口の爆発的増加、帝国主義競争による政治的緊張、資本と労働者の対立など)に直面していた。こうした「危機」は、イギリスやフランス、アメリカなどでもそうだったが、とくに急速な近代化を上から行い、先進諸国に追いつかねばならなかった国々においては、とくに深刻なあらわかたをした。この点でドイツと日本は、内容こそ異なれども似たところがある。 さて、教育はどういう状況にあったのだろうか。まず指摘しなければならないのは、19世紀後半から各国において義務教育制度が確立しはじめ、統一的な国語、歴史などを学ぶことで、国民意識が醸成されてきたことである。しかし、当時の学校教育は、画一的であったため、20世紀に入ると、教師中心、教科書中心ではない、子どもの興味関心に基づき、自己活動的かつ経験学習的に学ぶことを促す教育が広く試みられることになる。有名なところではデューイのシカゴ大学付属小学校での実践がある(『学校と社会』)。しかし、こうした教育運動は、ドイツでは「改革教育」、アメリカでは「進歩主義教育」、日本では「大正自由教育」と呼ばれる。もっとも、この傾向に属する実践、思想は多様ではあるものの、おおむね、先のような特徴を共有しているので、「新教育(運動)」と総称されることが多い。こうした実践の中に、現在の学校教育の原型をみるのは難しくないだろう。参考文献としては、まず、重要な新教育運動の実践家、思想家の原典を集めた、長尾十三二監修『世界新教育選書(全30巻)』(明治図書)を挙げておこう。原典の翻訳はもちろんだが、訳者の解説も大変参考になる。また、フリットナー『教育改革二〇世紀の衝撃』(玉川大学出版部、 1994年)も挙げておきたい。 新教育の時代は、また、教育学の新しい研究分野が確立してきた時期でもある。そして、教育心理学や教育社会学が生まれ、新教育運動とも密接な関係をもつようなった。ビネーの知能検査をはじめとするさまざまな心理検査法、カール・ビューラーやシャルロッテ・ビューラーらの子どもの言語発達や認知発達、描画発達の研究、スタンレイ・ホールらの学習理論、シュテルンの個人差に関する研究などが展開され、それに基づく教育方法、教育政.

2 形態: xi, 394, 159p ; 22cm 著者名: 曽田, 長人(1966-) 書誌ID: BAISBN:. 人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典教養作者: 曽田長人出版社/メーカー: 知泉書館発売日: /03メディア: 単行本. この教育思想史上の時代は、後期啓蒙主義の時代と重なってはじまる。直接には、フランス革命の影響、ナポレオン戦争の影響に端を発しものである。この思想の特徴をもっとも象徴的に示す出来事がある。それは、1789年、まだ大学を卒業したばかりのヴィルヘルム・フォン・フンボルトと、かつての家庭教師でドイツにおける啓蒙主義的教育(汎愛学派)の代表者カンペが行ったパリ旅行である。これはカンペが「旧体制の葬式」を見学するため行った旅行であった。興味深いのは、フランス革命に対する評価である。彼らはフランス革命をになった人々、民衆にインタヴューしてまわるのだが、啓蒙主義者カンペが無条件に革命に賛同するのに対し、フンボルトは革命の理念には賛同するものの、現実においてなされた破壊的行為、混乱、粛清の嵐に対し慎重で、人々がそのりっぱな理念に見合うほど成熟していないことを痛感する。政治革命よりも、まず、「人間性」、自らに潜在する「個性」を十分に発展させることの方が先決であり、そうしてこそはじめて、「自由・平等・友愛」の理念を担えるようになると考えたのだった。ここに啓蒙主義と新人文主義の決定的違いが明瞭になってくる。新人文主義は「内面の自己形成」という意味での「人間形成論(Bildung)」を重視する立場をとるのである。そして、この自己形成上、重視されたのが、古代ギリシアの言語と古典であった。古代ギリシア人は理性的で、かつ均整の美を尊重する感性的民族であり、しかも社交性を愛する人々であった。すなわちドイツ人が成熟するためには格好のモデルだとされたのだ。こうして、すべてが彼の意思どおりに実現されたわけではないものの、フンボルトはプロイセン教育改革の見取り図を描き、とくに古典的教養を通じての自己形成と哲学的思考の重視を基調にした、19世紀ドイツの中等教育(ギムナージウム教育)と、高等教育(ベルリン大学)の礎を築くことになったのである。 フンボルトのフランス革命に対する反応、実学と効率性重視の啓蒙主義に対する対抗的な態度としての新人文主義は、フンボルトより年長のゲーテやシラーらにも共有されていた。その特徴は、「教育」ではなく「自己形成」を重視する立場、より具体的には、実践や現実世界に直接役立つことを教えるのではなく、外的なものに還元できない人間の本質を陶冶することを重視する立場にあった。これは、広い. 曽田 長人 『年報 地域文化研究』/03 Refereed 「18世紀末期ドイツにおける古典研究の再編成に関する一考察-フリードリヒ・アウグスト・ヴォルフと新人文主義-」. "Wolf, Friedrich August". 曽田長人 | 商品一覧 | HMV&BOOKS online | 1966年東京都生まれ、東北大学文学部卒、同大学文学研究科修士課程、バーゼル大学.

Pontaポイント使えます! | 人文主義と国民形成 19世紀ドイツの古典教養 | 曽田長人 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. Jahrhundert in Deutschland. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養: 曽田長人 著: 知泉書館:. 2: ページ数: 人文主義と国民形成 - 曽田長人 394, 159p: 大きさ.

人文科学 / 哲学 人文科学 / 歴史学 研究期間 年度~年度 (H. 人文主義と国民形成―19世紀ドイツの古典教養 曽田長人 著 35521. 1) 配分総額 2,470,000 円.

曽田長人『人文主義と国民形成』知泉書館(年)-人文主義についての日本語での研究書であり、ヴォルフにも一章が割かれている。 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. パイデイア : ギリシアにおける人間形成. ズム)との関わりを顧慮した上で、新人文主義の特徴を古典古代観、人間形成観、言語・教養観、 学問観という四つの観点からまとめてゆく。 2 Koselleck, Reinhart: Einleitung, in: Geschichtliche Grundbegriffe, Historisches Lexikon zur.

曽田 長人 (ソダ タケヒト ) 取材に関するお問い合わせ. 人文主義者のナチズムに対する協調-リヒャルト・ハルダーの場合- 曽田長人 東洋大学経済研究会『経済論集』年03月. | 曽田長人の商品、最新情報が満載!. 2)「人文主義Humanismus」とは、多義的な概念である。本論において人文主義とは、「ギリシア・ローマ古典 古代との取り組みを通して、人間や文化の形成を目指す運動」として理解する。 3) 平成29年度科学研究費助成金、基盤研究C、課題番号17K02265。. 7 形態: xxiii, 838p ; 19cm ISBN:上) シリーズ名: 知泉学術叢書 ; 3 著者名:. 人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツ.

タイトル: 人文主義と国民形成 : 19世紀ドイツの古典教養: 著者: 曽田長人 著: 著者標目: 曽田, 長人, 1966-出版地(国名コード). ソダ タケヒト (Soda Takehito) 更新日: /10/14. 人文主義と国民形成 -19世紀ドイツの古典教養- ¥ 7,000 曽田長人 、知泉書館 、年 、394+159頁 、1冊.

パイデイア : ギリシアにおける人間形成 フォーマット: 図書 責任表示: W.

人文主義と国民形成 - 曽田長人

email: [email protected] - phone:(985) 466-1653 x 2398

飲食map 青森 - 企画集団ぷりずむ - ビジュアルサイエンスシリーズ

-> 海は甦える 第3部 - 江藤淳
-> お台場バーバリアンズ - 金井たつお

人文主義と国民形成 - 曽田長人 - 秋杜フユ イノシシ令嬢と不憫な魔王 ひきこもりシリーズ


Sitemap 2

まんが世界名曲全集 原始からバッハまで - つづき佳子 - 弥彦神社叢書 弥彦神社